vege & yoga mania 

vegeyogama.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 15日

目指すのは若作りじゃない、年相応の美しさなのだ。

私も、私の友人たちも口を揃えていう。
「老けたくはないけど、若作りしたいわけじゃない。」

街で見かける、若い世代の着こなしを頑張ってしている人。
それと、自分が若いときに(一番イケていた時代に)していた、時代の止まっている人。

お化粧も、着こなしも、やっぱり目指すのは、年相応で美しい、今の匂いを感じさせる女性でしょう!?
それには、相応しい体と意識が必要なのだ!と豪語したい(笑)。

『人間の老化は25歳頃から始まるが、股関節、肩関節、膝関節が柔軟に活性化していれば、病気から解放され、清新な若さを保つことができる。開脚の体位は、閉じられた骨盤が開かれ、骨盤の歪みが修正され骨盤内の諸臓器と背骨に刺激を与え、全身を若返らせる。』(ヨーガ 番場 一雄 著 より)

『体位法(アーサナ)は、ハタヨーガの第一部門であるから、最初に説くことにする。心身の強健と無病、手足の軽快等を得るためには、体位法を行うがよい。』(ハタ・ヨーガ・プラディーピカー より)

開脚の体位に限らず、ヨガのポーズ実践は身体や骨格の歪みを除き、自律神経を整え、全身に活力としなやかさ、そして若々しく美しい姿勢を創ることができるのです。
体の硬さ、柔らかさに関係なく、完成された対位法を全身にイメージして正しい呼吸法とともに実践することが大切なのです・・・

さあ、「大人の素敵な自分」をイメージして自分を磨いていきましょう!!
[PR]

by vegeyogamania | 2011-04-15 14:25 | コラム


<< 茶道の稽古 4月覚書      ペペロナータ >>