vege & yoga mania 

vegeyogama.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 12日

いつも、どこでも、和敬静寂で。

a0153745_619826.jpg

『お茶やお花のお稽古も盛んに行われているように見受けられます。
ただ、その場合、稽古事としてではなく、ほんとのものを身につけてほしいと思います。
現代の茶道も花道も、多くは真髄を喪失し、「言葉」と世界に堕した感があります。口にわび、さびを唱えながら、さながら社交界と化している。なるほどお茶はつき合いには違いないが、単なる「おつき合い」ではありません。
また、お行儀を教える場でもない。和敬清寂と言います。互いに和しつつ敬うことによって成り立つ静寂の世界-------少しまずい表現ですが、そういうひたむきな境地であるはずです。が、現実に行われていることは何か。互いに競争しつつ巻き起こす騒音の世界、とでも申しましょうか。きものはきもので競い合い、流派は流派で宣伝し合う、肝心の茶も花も忘れられた形です。茶会のために訪問着は新調するが、家へ帰れば欠けた湯呑で平気なお嬢さん無きにしも非ずです。茶室を出たとたん、茶人でなくなる茶人も多いようですが批判が私の目的ではありません。きものの中にもお茶の精神は生きていることを発見して頂きたいのです。』(白洲正子 著 きもの美 より)


ヨガの世界も、そう思う。
いい表現が見つからないが、ウチに来てくれている人は『いいエネルギーを出している人たち』。
そのエネルギーが競争することなく、お互いを高め合う場所であってほしい。
ひたむきにヨガをして、自分自身を見つめ、他人を敬い、感謝の気持ちをもつ。

空間についても、エネルギーの通りがよくなるようにしなければいけない、と思っている。
まずはきちんと掃除をして、気持ちよさを体感してほしい。物も少なめに、すっきり感も味わってほしい。

もっと言えば、ヨガする空間に負のエネルギーは持ち込みたくない。
私の場合は、茶室に入るときと一緒。
嫌なことや、愚痴は心のどこかにしまって(置いといて)一点に集中。
稽古中は凛とした自分になれる。
終われば新しいエネルギーを取り込んだ自分になれる。

長くなってしまったわ。
今日もこれからヨガです、まず、掃除しま---す。
[PR]

by vegeyogamania | 2014-09-12 06:18 | コラム


<< 船橋 美酒美燗 煮りん      温泉湯豆腐 >>