vege & yoga mania 

vegeyogama.exblog.jp
ブログトップ

タグ:雑読ノート ( 34 ) タグの人気記事


2015年 10月 09日

寝たきりにならない体を作るには

a0153745_13521667.jpg



「筋肉は毎年1%減る。

でも、筋肉はどんなに年をとっても増やせる。

人は足から老化する。

筋肉の衰えが老けて見える原因」(大腰筋を鍛えなさい 久野譜也 著)などということが書いてあり、


老けない体、寝たきりにならない体を作るには

1筋トレと有酸素運動の両方をおこなう。2上半身よりも下半身を鍛える。3運動を一生にわたって継続していく」ことだそう。


ヨガではゆっくりとした伸ばすポーズで遅筋という細い筋肉を鍛え、片足で立ってバランスを取るような筋トレ効果があるポーズで速筋を鍛えることができる。


著者も「人生はいかに筋肉をつけているかで決まる。若返りの妙薬だ。」と。


運動を行えば、代謝が上がり、体の隅々まで血液を巡らせることができ、ホルモンの分泌もよくなり、肥満を解消し肌の調子も良くなる。また、ストレス解消、ボケ予防など脳にも心にもいい。

私は毎日ヨガをし、食べ物にも気を付けているが、長生きしたいためにやっているのではない。誰にも迷惑をかけたくない、余計なお金を使いたくないだけ。病気になったり、ボケたり、寝たきりになったり、介護が必要になったら大変だ。


家族に迷惑をかけ、心配を掛け、余計なお金を使わせなくてもいいように健康でいよう。







[PR]

by vegeyogamania | 2015-10-09 13:55 | ヨガの話
2015年 07月 03日

International Day of Yoga

土砂降りの雨。
皆さん頑張ってきてくれました。部屋の中も暗く、じめっとした感じ…今日はキャンドルとアロマでヨガしました。
a0153745_12143387.jpg

さて、ヨガ生からもらった新聞。国連は昨年6月21日を『国際ヨーガの日』に制定しました。
a0153745_12144743.jpg

朝日新聞の記事によると、インドのナレンドラ・モディ首相は「ヨーガとは心身の統一、思いと行動の一致、規律による達成を体現することです。またヨーガとは健康や幸せを実現する統合的なアプローチであり、人と自然の調和を意味しています。ヨーガは単なる体操ではなく、自らが世界や大自然と一体であることに気付く手段なのです」とあった。

そして、「近年の医療調査によって身体の健康増進、循環器系の機能向上、ストレス・心疾患・不安障害の緩和など、ヨーガが心身に及ぼす多くの優れた影響が確認されました。」とのこと。

世界中で、約3億人と言われるヨガ人口。
世界平和を願うなら、まずは自分の心と体の平和、自分の周りの小さな社会、家族やご近所さんの平和からはじめたい。
[PR]

by vegeyogamania | 2015-07-03 12:16 | ヨガの話
2015年 04月 18日

エースと呼ばれる人は何をしているのか

a0153745_15422587.jpg

話題になっていた夏まゆみさんの著書。
字も大きく読みやすい。1~2時間で読み終わります。中でも反省したのは
「こんなことがあったんです」という、「相談にみせかけた愚痴」を聞かせるのは不幸を配るのと同じことです。という部分。
自分はスッキリするかもしれないが、聞かされたほうは確実に嫌な気分になる。
私の場合は、愚痴を言った後、自身がものすごく疲れる。しかも相手も疲れさせたであろうと思うと落ち込む。

たとえ、相手が同じような不満を持っていたとして、愚痴の言い合いで盛り上がったとしても、何も残らないし、進歩もない。
この、「相談に見せかけた…」ってのが凄い。
「ただの愚痴じゃないの、悪口でもないの、相談よ」なんて言い訳はやめて自分で解決しよう、と思った。
ああ、反省。
[PR]

by vegeyogamania | 2015-04-18 13:41 | コラム
2015年 02月 26日

欲しいのは知識と教養

2月も終わろうとしている。今年になって買ったのは加湿器のみ。
物欲はない(買いたいものは特にない)。
食欲もそんなにない(普通にあるけど、あれが食べた~い!とか、山ほど食べたい、とか思うことはない)。
顕示欲もない(誰かに見せびらかしたい何かなんてない)。
欲しいのは知識と教養だ(年のせい?)。
a0153745_12572384.jpg

岡倉天心の「茶の本」。茶道の概説書ではなく、日本の文明論ともいうべき名著。
私のミニマリズム生活の理想の所以ともいえ、茶道をしない人でも面白いと思う1冊。

『日中でも室内の光線は和らげられている。傾斜した屋根のある低いひさしは日光を少ししか入れないから。天井から床に至るまですべての物が落ち着いた色合いである。客みずからも注意して目立たぬ着物を選んでいる。古めかしい和らかさがすべての物に行き渡っている。ただ清浄無垢な白い新しい茶筅と麻ふきんが著しい対比をなしているのを除いては、新しく得られたらしい物はすべて厳禁されている。茶室や茶道具がいかに色あせて見えてもすべての物が全く清潔である。部屋の最も暗いすみにさえ塵一本も見られない。もしあるようならばその主人は茶人とは言われないのである。』(岡倉覚三著 村岡博訳 茶の本 より)

そして、清潔であればよいというだけではない利休の有名な話。
利休の子、紹安に露地を掃除させ「まだ充分でない」と言い、もう一度し直すように命じた。
いやいやながら一時間もかかってから息子は父に向かって言った「おとうさん、もう何もすることはありません。庭石は三度洗い、石灯籠や庭木にはよく水をまき苔は生き生きした緑色に輝いています。地面には小枝一本も木の葉一枚もありません。」父、利休は「ばか者、露地の掃除はそんなふうにするものではない」と言って叱り、庭におり立ち一樹を揺すって、庭一面に秋の錦を片々と黄金、紅の木の葉を散りしかせた。
利休の求めたものは清潔のみではなく、美と自然であった。

うちには茶室もない、庭も露地もないけど、精神はこれでいきたい。
これから更に年を取ったら、読書も辛くなるだろう。今のうちにたくさん読もうと思う。なるべく良書をね、眠くなるけど。
[PR]

by vegeyogamania | 2015-02-26 12:57 | 美的ミニマリズム
2014年 12月 07日

意志力を鍛える

スタンフォード大学の心理学者でもあり、ヨガする人、ケリー・マクゴニガルさんのベストセラー。
a0153745_635249.jpg

『呼吸に意識を集中するのは、かんたんながらじつに効果的な瞑想のテクニックであり、脳を鍛え、意志力を強化するのに役立ちます。これによってストレスも減少し、気が散るような内的な要因(欲求、心配、欲望)や外的な誘惑(聞こえてくる音、見えるもの、匂い)に惑わされないようになります。
最近の研究では、定期的に瞑想を行った場合、禁煙や減量に効果があり、薬物やアルコールの依存症への対策としても効果があることがわかっています。』(ケリー・マクゴニガル著 スタンフォードの自分を変える教室 より)

1日5分から始め、習慣化したら10~15分やるといいそう。
瞑想というと「雑念を取り払って、頭をからっぽにすることだ」と思っている方もいます。意識を呼吸に集中しようとしても、つい他のことを考えてなかなか思うようにいきません。
それでも「瞑想の間にどれだけ意識を集中するかだけでなく、1日の他の時間において、自分の集中力や選択にどのような影響が出ているかにも注目してみる。」続けるうちに、お昼に塩分の高いものや揚げ物を注文しそうになっても、ふと思いとどまったり、相手に皮肉の一つも言ってやりたくなっても、ひと呼吸おいて口をつぐんだり、仕事中にだらけているのに気付いた時に気合を入れなおしたり、軌道修正して目標に向かって自己コントロールができるようになる。

また、『エクササイズは心拍変動のベースラインを底上げし、脳を鍛えることにもなるので、自己コントロールの生理機能が向上します。』(同上)
でもこの本、ヨガ哲学や精神論ではなく、科学的に自分を分析する本です。違った角度でヨガに通じる面白い本でした。誘惑にあふれた現代を生きるには、自分の心と体の反応や行動をコントロールできる方法を身につけたいね。
[PR]

by vegeyogamania | 2014-12-07 06:33 | コラム
2014年 10月 25日

白髪になってオシャレが楽しくなってきた!

ADVANCED STYLE』から画像をお借りしました。
a0153745_6514867.jpg

ド迫力のオバちゃんたち、いやいや、ご婦人方が載っています。
ここまで目立たなくていいけど、潔くてかっこいいわ~
ADVANCED STYLE』日本人はここまで行けないかもね。
[PR]

by vegeyogamania | 2014-10-25 06:55 | コラム
2014年 10月 09日

脳脊髄液?

a0153745_1095588.jpg

整体の先生が書いた本。
ヨガや食べ物の話にも通じる、共感できる内容でした。

血液やリンパ液はよく聞く体の液体。
もう一つ大事な「脳脊髄液」は初耳でした。「体の7割が水分」は周知のとおり。
体調がイマイチなのは、体液循環障害とのこと。

脳脊髄液を動かすには、仙骨を動かす。
ヨガのポーズではないけど、ヨガクラスで一緒にやってみましょうね~
[PR]

by vegeyogamania | 2014-10-09 10:04 | ヨガの話
2014年 09月 19日

効率のいい断食の仕方

a0153745_7384897.jpg

新月と満月、両方とも月の引力によって、体内に滞った毒素の排泄力や体の若返りの力が最も高まるらしい。
新月にかけて解毒力が増す。つまり、取り込む力が弱いので、多少は食べ過ぎても太りにくい。
満月にかけてエネルギーを蓄える働きが増す。この時期はあらゆる欠乏症を治しやすい、とある。
新月と満月の日は体を作りかえる力がそれ以外の日より効果が高い。
ダイエットは特にしていないが「胃腸を休ませたい」と思うことはしばしば。普段少食、粗食にしているが、外食が続くと体が重く感じる。「出したい、抜きたい、スッキリしたい」欲求が強くなる。
ミニマリストとしては少食で、本来の生命力を活かせる体にしたい。
月2回のプチ断食、やってみようと思う。
夕飯を玄米甘酒に変えるだけね、本を貸してくれたOさん、ありがとうございました。
[PR]

by vegeyogamania | 2014-09-19 07:35 | 美的ミニマリズム
2014年 09月 12日

いつも、どこでも、和敬静寂で。

a0153745_619826.jpg

『お茶やお花のお稽古も盛んに行われているように見受けられます。
ただ、その場合、稽古事としてではなく、ほんとのものを身につけてほしいと思います。
現代の茶道も花道も、多くは真髄を喪失し、「言葉」と世界に堕した感があります。口にわび、さびを唱えながら、さながら社交界と化している。なるほどお茶はつき合いには違いないが、単なる「おつき合い」ではありません。
また、お行儀を教える場でもない。和敬清寂と言います。互いに和しつつ敬うことによって成り立つ静寂の世界-------少しまずい表現ですが、そういうひたむきな境地であるはずです。が、現実に行われていることは何か。互いに競争しつつ巻き起こす騒音の世界、とでも申しましょうか。きものはきもので競い合い、流派は流派で宣伝し合う、肝心の茶も花も忘れられた形です。茶会のために訪問着は新調するが、家へ帰れば欠けた湯呑で平気なお嬢さん無きにしも非ずです。茶室を出たとたん、茶人でなくなる茶人も多いようですが批判が私の目的ではありません。きものの中にもお茶の精神は生きていることを発見して頂きたいのです。』(白洲正子 著 きもの美 より)


ヨガの世界も、そう思う。
いい表現が見つからないが、ウチに来てくれている人は『いいエネルギーを出している人たち』。
そのエネルギーが競争することなく、お互いを高め合う場所であってほしい。
ひたむきにヨガをして、自分自身を見つめ、他人を敬い、感謝の気持ちをもつ。

空間についても、エネルギーの通りがよくなるようにしなければいけない、と思っている。
まずはきちんと掃除をして、気持ちよさを体感してほしい。物も少なめに、すっきり感も味わってほしい。

もっと言えば、ヨガする空間に負のエネルギーは持ち込みたくない。
私の場合は、茶室に入るときと一緒。
嫌なことや、愚痴は心のどこかにしまって(置いといて)一点に集中。
稽古中は凛とした自分になれる。
終われば新しいエネルギーを取り込んだ自分になれる。

長くなってしまったわ。
今日もこれからヨガです、まず、掃除しま---す。
[PR]

by vegeyogamania | 2014-09-12 06:18 | コラム
2013年 03月 13日

宮本しばにさんの「焼き菓子レシピノート」

ヨガに来てくださっているOさんからお借りしました。
この宮本さんも、ヨガする人で、ベジタリアン。
a0153745_8271925.jpg


『インドのヨガ行者は肉、魚、卵は精神的な向上を妨げるとして一切採りません。(マクロビオティックとは違い、乳製品は採ります。)
中略
近年私自身は卵を食べるようになりました。それはとても個人的な理由で、ここでお話しすることは差し控えますが、人間の体は千差万別。その人の健康は、体質、体調、精神状態、考え方に左右されます。日々自分の内面や身体をよく観察し柔軟な心でいること、そして人の話に左右されず、自分が欲するものをありがたくいただく、その精神が大切だと思います。』

全く同感です。
ヨガの食事法が正しいかどうかの判断は別として、なるべくTVや雑誌の情報にとらわれず、食事もデザートも楽しみましょう。
「本当においしい」と思えるものを体に入れましょう!

明日はいよいよお料理レッスンです。
準備にかかります。
[PR]

by vegeyogamania | 2013-03-13 08:28 | コラム